住宅ローンアドバイザーについて

住宅ローンアドバイザーについて

住宅金融公庫が主流だった住宅ローンですが、『官から民へ』の流れの中で公庫が廃止されました。
住宅ローンは1〜2年で、大きな変化を遂げました
民間の金融機関ならではのサービス内容が盛り込まれたローンや、キャンペーンなどと併用したローンなど、住宅ローンも様々です。
多様化に伴い、金融機関の競争は激化している現状です。

 

住宅ローンを取り扱う金融機関は、銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・商工中金・農協組合など。
これからも、証券会社や保険会社などの参入も予想され、住宅ローン取り扱い機関の増加により、より激しい競争が繰り広げられるのではないでしょうか。

 

住宅ローンには、金利だけでも10種類以上のタイプがあり、『繰上げ返済手数料無料』『保証料無料』『三大疾病特約月団信保険』などなど、その商品も実に様々です。
新しい企画は次々と出され、商品化され、今後、住宅ローンを組みたい人は、何を基準に選べば良いのか、非常に悩んでしまうのではないでしょうか。

 

現代の時代に沿って、最近では住宅ローンアドバイザーという存在がおります。
住宅ローンを組みたい人の、それぞれに適した商品のアドバイスをしてくれます。
どのタイプの住宅ローンが最も適しているのか、専門的な知識を持ってアドバイスしてもらえたら、非常に助かりますよね。
住宅ローンに対して特化した知識を持ち、数多い住宅ローンの商品を熟知した上で、適切なアドバイスを分かりやすくしてくれます。

 

住宅ローンアドバイザーは、国家資格ではありません。
民間資格に位置付けられる資格です。
住宅ローンアドバイザイーとしての資格がなければ、相談業務ができないというわけではありません。
しかし、資格を有することは、顧客の信頼を得ることができますし、安心して相談をしていただけるという利点があります。

 

住宅ローンアドバイサーの資格を取得するためには、住宅ローンアドバイザー養成講座というものがありますので、受けると良いでしょう。