マンションとリノベーションのトレンド

マンションの寿命はどのぐらい?

マンションの寿命

マンションの寿命ですが約50年から60年程度であると言われています。
実は日本でマンションが販売され始めてまだ、40年程度ですので、十歳は築40年を超えるマンションというものは日本でとても少なく、実際のマンションの寿命は正確にはわかっていません。なのでマンションの寿命はこれから研究がされる分野であると言えます。

 

マンション引っ越し

マンションに寿命があっても引っ越しをすれば、新しいマンションに移ることが出来ます。まずは家賃でしょう。一般的には自分の給料の
3分の1程度が理想であると言われます。しかし、一部の経営者の本では自分の給料の3分の1より多めの部屋に住むと年収が上がると言われています。マンションに住んだことがない人は、毎月の支払は家賃だけと思っている人も多いのですが、実際は管理費や駐車場所代が別にかかります。管理費はマンション全体の管理費になります。駐車場代は地域によってその金額も様々です。また、いいマンションがあっても、入居時には初期費用がかかります。敷金や礼金、仲介手数料や家賃の前払いがある場合もあります。さらに火災保険量や鍵を交換する費用などもかかるケースが多いようです。昔からいわれていますが、不動産会社もあまりよくない業者がいます。よく評判などを聞いてから信頼できる不動産会社を選ぶようにしましょう。最近はマンションの外観や内装をインターネットなどで掲載している会社もありますが、できれば実際に下見に行きましょう。写真ではよく見えても、実際見に行くと違っていたということはよくあるのです。