マンションで賃貸する際のメリットとデメリット

マンションで賃貸する際のメリットとデメリット

マンションの賃貸について

都市部で働く人ならば一度は考えたことがあるのがマンションを賃貸と購入どちらにするのかということでしょう。実際の所マンションは賃貸と購入どちらがいいのでしょうか?そのメリットとデメリットについて両側面からご紹介します。

 

マンションの賃貸

賃貸のメリットは何と言っても、気軽に引っ越しができることでしょう。風景がいい場所に引っ越しできる事も可能ですし、職場の近くに引っ越すこともできます。子供ができたら、学校の近くに引っ越してもいいでしょう。賃貸の気軽さは何と言ってもメリットでしょう。また、購入の場合は、築年数の問題もあります。なぜなら、マンションは立ててから次第に年数が経っていきます、つまり老朽化することがあるのです。その点、賃貸は新築のマンションを数年で引っ越ししていけば、築年数は関係がありません。

 

マンションの購入

購入は金額が大きくなりますので、頭金と、銀行からローンを組んで借りる必要が出てきます。メリットは購入したマンションを販売できることです。現金化できる資産を持つことは、非常に素晴らしいことであると言えます。また、貯金が多い人や、資産が多い人は、持ち家を持つことになります。ですので、安定した生活が手に入るということは素晴らしいと思います。さらに、購入すれば、リフォームも改築もほぼ自由にできます。その点は非常にいい点だと思います。

 

結局どちらがお得なの?

以前は賃貸マンションは賃料がもったいないと言われていましたが、最近はどちらも支払う総受額が変わらないというデーターが出ています。好みによって好きな方を選べばいいと思います。