マンションとアパートの違いはどこにあるの?

マンションとアパートの違いはどこにあるの?

マンションとアパートの違い

マンションとアパートの違いはどこにあるのでしょうか?今回はその違いを見て行きましょう。

 

実はマンションとアパートについては法律上では明確な定義はないのです。

 

不動産業界などの通例では、2階建てまでで、主に木造の物をアパート

 

階層に制限がなく、鉄筋コンクリート造の物をマンションと読んでいるようです。しかし、あくまで通例で、明確な区分がないのが現状です。

 

音の麺ではやはり、鉄筋コンクリートの方がいいようです。

 

防火性も鉄筋コンクリート造の方が比較的強いようです。

 

そのことからも賃料が鉄筋コンクリート造の方が高めになっています。

 

結論として、マンションとアパートの明確な違いはありません。木造で2階建のところでもマンションと表記しているところもありますし、鉄筋コンクリート造のところでも、アパートと表記しているところもあります。

 

 

木造マンションの特徴として壁を叩いた時に空洞であることが分かります。アパートは木造でることが多いようです。

 

RCマンションの特徴として壁を叩くと固く、空洞ではない場合が多くなっています。RCマンションとはいわゆる鉄筋コンクリートで作られたマンションになります。

 

こんなアパートもある

日本には様々な変わったアパートがあります。高知県にある沢田アパートという物があります。まるで迷路の様なアパートになっていて、屋上に池があったり、アパートの外側に歩いて登れるスロープがあったりします。